メニュー

いつまでも心の中に

[2020.04.15]

まだ少し冷たい朝の空気を肌に感じ

戴いた花々に水をあげながら今日の命に感謝する

 

ずっと前からやりたいことがあり

少し自分の心の中に時間を見つけることが出来た週末

やっと

会いたかった女性のもとを訪れることができた

 

写真の彼女に微笑み返し

お仏壇に手を合わせる

 

「ごめんね」と「ありがとう」を心の中で繰り返した

 

『あの時、本当に入院させてよかったのか今でも後悔しています。

本人はもっと、家に居たかったのではないか…

もう少し家に居させてあげられる時間があったのではないか、と…』

 

彼女(妻)が他界して3年

自分の中に残る後悔を忘れようと

ひたすら仕事に打ち込む日々の様子を涙しながら

お話しくださったご主人様と娘様

 

余命1か月といわれていた彼女

でも

3か月もの時間を自宅で過ごすことができた

 

病と闘う彼女と彼女の心に

寄り添ってくださったご家族さま

 

希望を叶えてくださったご家族さま

 

それでも今なお

ご主人様の心の奥に潜む悲しみは測り知れない

 

彼女と過ごした時間を懐かしみ

時間はあっという間に過ぎていった

 

『 忘れようとしてました

考えないようにして

ひたすら働いて

でも…

忘れたらあかんね

あんなに頑張ってたんやから 』

 

受け入れようとされる

ご主人様の深いおもいを感じ取った

 

 

涙を流すことは心の浄化

  お金では解決できないこと

 

グリーフケアの大切さを改めて噛みしめた

 

彼女はいつまでの家族の心の中で生きている

いつまでも心の中に

 

看護師・看取り士 

本井 万寿美

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME